Home > 上野三兄弟 > | お知らせ > 第12回大阪天満宮 梅まつり歓進御能

第12回大阪天満宮 梅まつり歓進御能

日程
令和2年2月16日(日)
午後 6:30始め(午後6時開場)
※午後5時45分より「御門之謡の儀」を執り行います
場所
大阪天満宮本殿
大阪市北区天神橋2丁目1-8
勧進元
朝陽会館館主 上野朝義(シテ方観世流能楽師)
料金
3,500円(盆梅展の御招待券付)
勧進御能のご観覧は要予約となっております
※当日入場時の混雑を避けるため、午後5時より整理券を配布します。
ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
お申し込み
朝陽会館:TEL 06-6357-0844 または
メール info@choyokaikan.com
芦屋能舞台:TEL 0797-26-6290 または
メール info@ashiya-nohbutai.com
お知らせ
奉納前、午後5時45分に天満宮の御神職が門前の朝陽会館にお越しいただきます。
その後、紋服の出演者が表大門下に整列し、謡を奉納する「御門之謡の儀(ごもんうたいのぎ)」を執り行います。
こちらも是非ご覧下さいませ。
パンフレット
去年の様子【能 鶴亀】

内容

祈祥祭

  • 禰宜 柳野等

「神歌」

  • 翁:長山耕三
  • 千歳:上野雄介
  • 地謡:上野雄三
  •    藤井丈雄
  •    伊原 昇

解説

  • 伊原昇
「小鍛冶」
「能にして能にあらず」と言われ、ご祈祷に近い天下泰平、国土安穏を祈る曲「翁」
今回は謡だけの「神歌」という形式で奉納させていただきます

能 「小鍛冶」

  • 前シテ  :上野朝義
  • 後シテ  :上野朝彦
  • ワキ   :福王知登
  • 間狂言  :善竹隆司
  • 笛    :赤井啓三
  • 小鼓   :荒木健作
  • 大鼓   :上野義雄
  • 太鼓   :上田慎也
  • 後見   :長山耕三
  •      :赤井きよ子
  • 地謡   :上野雄三 他
「小鍛冶」
一条天皇は夢の告げに従い、小鍛冶宗近(ワキ)に御剣を打てとの勅命を下す
共に刀を作る相槌のいない宗近は、神託を得るため氏神である稲荷明神に参拝するが、その途中美しい少年(前シテ)に呼び止められ...

事前講座「 ─能と刀剣─ 小鍛冶を読み解く 」のお知らせ

より能を楽しむために、能の世界を分かりやすく解説いたします

日時
令和2年2月1日(土)午前11時より
会場
朝陽会館(大阪市北区天神橋1-17-8 大阪天満宮前)
料金
1,500円(盆梅展の御招待券付き)
講師
シテ方観世流能楽師 長山 耕三 上野 朝彦 

関連キーワード: 上野朝彦, 上野朝義, 上野義雄, 上野雄三, 上野雄介, 伊原昇, 善竹隆司, 大阪天満宮, 大阪天満宮 梅まつり歓進御能, 朝陽会館

Home > 上野三兄弟 > | お知らせ > 第12回大阪天満宮 梅まつり歓進御能

検索
フィード購読

Return to page top