Home > 日本語 > | 能楽曲目解説 > 卒塔婆小町 一度之次第

卒塔婆小町 一度之次第

歴史上有名な美人歌人の小野小町が老いた姿を描きます。

ある僧が都に上る途中、年老いた女の乞食に出会います。老女は自分は100歳であると告げます。女が倒れた卒塔婆に座っているので、僧が、神聖なものに腰掛けるとは何事かととがめると、老女は謝るどころか、仏教の教えや哲学的な思想を引用して反論します。この問答は前段の見どころです。

僧が老女に名を尋ねたところ、自分は小野小町であると名乗ります。老女は過ぎ去った日々をしのび、今の落ちぶれた境遇を嘆きます。そして突然狂乱し、通りで物乞いを始めます。そのうち、深草の少将(若かりし日の小町に求愛するため、99夜通った末に死んでしまった貴族)の霊がつき、少将の苦痛に満ちた通いを再現します。

実際は、小町がいつどのように死んだかは不明です。美しい女性は小野小町にちなんで小町と呼ばれることがあります。

関連キーワード: 卒塔婆小町, 曲目解説

Home > 日本語 > | 能楽曲目解説 > 卒塔婆小町 一度之次第

検索
フィード購読

Return to page top