Home > 日本語 > | 能楽曲目解説 > 恋重荷

恋重荷

文学的なテーマで、面白可笑しく描かれることもある老人の恋を描きます。

地面近くの菊の葉を摘む仕事をする山科の荘司という老いた庭師が、身分違いにも関わらず、天皇の美しい女御(妻の一人)に一目ぼれし、恋煩いになります。

女御はそのことを知り、臣下を遣わせて、老人に「重荷を持って庭を100周すればあなたに会いましょう」と伝えます。

からかうつもりだったのに、老人は真に受けて大喜びし、重荷を持ち上げようとしますが、うまくいきません。再び持ち上げようとしながら、恋の嘆きや苦しみを語ります。結局失敗に終わり、老人は絶望のうちに死んでしまいます。女御が老人をあわれに思っていると、老人の霊が恐ろしい形相をして現れ、恨みを述べ女御を責めさいなめます。しかし最後には老人は女御をゆるし、女御の守護神となることを誓います。

この曲には少々きわどい要素がありますが、能ではあからさまに演じられることはありません。観客のみなさんには想像力を駆使してこの作品の面白さを鑑賞していただきたいものです。菊は皇室の象徴です。

関連キーワード: 恋重荷, 曲目解説

Home > 日本語 > | 能楽曲目解説 > 恋重荷

検索
フィード購読

Return to page top