Home > 日本語 > | 能楽曲目解説 > 玄象(げんじょう)

玄象(げんじょう)

登場人物

前シテ
尉(じょう)
後シテ
村上天皇
ツレ
藤原師長(もろなが)
前ツレ
後ツレ
龍神
ワキ
師長の従者
ワキツレ
従者
アイ
師長の下人

あらすじ

時の太政大臣 藤原師長は、自分ほどの琵琶の名手はもはや日本にはいないと考え、琵琶の名手を求めて唐に旅立つ。旅の途中、須磨の浦で出会った老夫婦に一夜の宿を借りる。 師長が、老夫婦の求めに応じて琵琶を弾いていると、突然雨が降り出す。すると、二人は板屋の屋根に苫(むしろ)を敷き、雨の音と琵琶の音の調子を合わせるのだった。この様子に、師長は、老人が琵琶の心得がある者と気づき、一曲を所望する。

老夫婦は琵琶と琴で合奏を始める。見事な演奏を聴いた師長は、自惚れていた自分を恥じ、こっそり塩屋を抜け出して帰ろうとするが、老夫婦に引き留められる。「自分たちは、村上天皇と梨壷女御の霊である。」と明かした老夫婦は、師長の入唐を引き止めるために現れたことを告げて姿を消す。

再び村上天皇の霊が現れ、龍神に命じて琵琶の名器・獅子丸を竜宮から持って来させて、 師長に授ける。師長が琵琶を弾き始めると、八大竜王が助演者として加わり、村上天皇も自ら見事な秘曲を奏で、舞を舞う(早舞)。村上天皇の霊は天上に還り、師長も琵琶を携えて都へと帰って行く。

題名の「玄象」は、村上天皇愛用の琵琶の名称である。

関連キーワード: 玄象, 琵琶, 藤原師長, 須磨

Home > 日本語 > | 能楽曲目解説 > 玄象(げんじょう)

検索
フィード購読

Return to page top